紫外線対策は“塗る”から“飲む”時代へ 美容先進国ではもう常識。

おススメの飲む日焼け止め特集

スポンサードサーチ

日焼けの原因

日焼けの原因と日焼け後の対処法

更新日:


日焼け(ひやけ)とは、紫外線を皮膚に浴びることにより、皮膚が赤く炎症を起こす急性症状(サンバーン sunburn)と、メラニン色素が皮膚表面に沈着すること(サンタン sun tanning)がの2種類があります。

日焼けの原因

日焼けの原因は、紫外線です。
紫外線の種類は、通年を通して量が多いUVAと4月から8月にかけて多いUVB、近年ではオゾン層の破壊で地表にまで届くようになったUVCと3種類に分かれますが、主に日焼けの原因はUVAとUVBです。これらの紫外線によって肌への影響の違いを比べてみましょう。

UVA

紫外線の中で一番多いのがUVA。
肌の奥の真皮まで届き、たんぱくを破壊し弾力を失わせる。
活性酸素を発生させ、メラニン色素を黒くする。光老化の原因のしみ、しわ、たるみのもととなります。
うっかり焼け 光老化

UVB

日焼けの主な原因はUVBの作用によって引き起こされます。
紫外線の量は少ないのですが、肌への作用が強く、短期間で肌を赤くさせたり(サンバーン)、DNAにダメージを与えます。また、メラニン色素を生成し、皮膚の細胞を防御する。(サンタン)
レジャー焼け 日焼け、しみ

UVA、UVBを浴び続けると『活性酸素の大量発生』『メラニンの生成』『炎症・組織損傷』などの現象が発生します。

日焼けしてしまったら必ずケアをしましょう。

海水浴など外で長時間紫外線を浴びた後に肌が赤くなったり、痛かったり、かゆくなっているのはサンバーンの状態なので早めに対処するのが必要です。
ひどい場合は、水ぶくれが出来て服も着れない状態になる事もあります。ここまで日焼けした場合は、必ず皮膚科へ行ってください。筆者も以前経験し、皮膚科へ行って先生からかなり怒られて薬を施してもらいました。3日間くらいは痛みが続きました。

赤くなったり、痛いのは軽い火傷の症状です。水ぶくれは完全な火傷です。

対処法はとにかく冷やすことです。冷水を浴びたり、保冷剤を包んだタオルで患部を冷やすことが大切です。
身体の火照りが収まってきたら、今度は保湿です。日焼けした肌は水分が少ない状態になっていますので保湿してあげることが重要です。保湿をしないと乾燥し痒くなってかきむしったりすることがあります。(特に子供の場合は、夜中にぼりぼりかきむしると跡が残ります。)保湿する場合は、普段使っている化粧水などだとアルコールが入っていたり刺激が強いものは避けて、ザ・ボディショップのカーミング トナー AL(アロエ)などが低刺激処方で無香料、無着色、アルコールフリーなのでおススメです。

症状が落ち着かない場合は、すぐに近所の皮膚科へ行ってください。皮膚科の先生から見てもらってご自身の肌に合った塗り薬や飲み薬を処方してもらいましょう。

日ごろから日焼け予防を

春先から紫外線は強くなってきますので、早めの準備をおすすめします。

日傘やサングラス、アームカバー、帽子など日焼け防止グッズを上手に使って日ごろから日焼け予防をしましょう。
日焼け止めクリームをこまめに塗ったり、最近では、飲む日焼け止めサプリメントなどもあります。

>>>2017年飲む日焼け止めランキングはこちら<<<

スポンサードサーチ

-日焼けの原因
-, , , ,

Copyright© おススメの飲む日焼け止め特集 , 2017 AllRights Reserved.